ここからの情報は、少し時間を掛けて読んでも損はしません。

未だにExcelシートなどを探し廻っている会社は

情報化ができていない会社です。

情報化とは?

ショップからパソコンを購入して

ほとんど使えないExcel等で何かをしようとする事ではありません。

それは、パソコンに仕事をさせられているのです。

パソコンに仕事をさせる事、が情報化です。

会社の業務内容を考えて見ると、よく分かります。

社員の勤務状態は、「就業管理ソフト」→「給与ソフト」

得意先への請求管理は「販売管理ソフト」→「仕入れ管理ソフト」

そのデータを最終的には、「会計ソフト」へとデータを連携します。

これがデータの「一元化」です。

そのためには、業務内容に適合した「ソフト」を導入することです。

そしてデータを「一元化」して初めてパソコンに仕事をさせた、という事になります。

検索用のキーワードも良く分からない程度の知識で、

タダで作るために探し廻っている人を見かけます。(アクセス分析で見えます。)

こんな程度で、全建統一様式を作成するのは容易ではありません。

だから「ソフト導入」が、

かしこい賢い、と言う訳です。

情報化ができない会社は、今後淘汰されていくでしょう。

どのような規模の会社でも、

今すぐ情報化に取り組んで業務効率化を推進すべきです。

 

戻る