毎日、時間で管理する場合も、

現場にノートパソコンモバイルプリンターを持ち込んで処理できます。

現場で火気を扱う作業は、重大事故に繋がる恐れもあるので慎重な管理が必要。