業務効率化のためにソフトをお探しの方向けに、最新情報を詳細にご提供しております。

 

全建統一様式は、

「令和3年4月」改訂5版に改訂されました。


 選択クリックで完成します。

 ミスは一切発生しないシステムです。

持込時の点検表もあります。

使用届に続いて、点検表を入力します。

点検結果をチェックすると完成します。

あなたの作業をもっと楽にするために、試しましょうよ


今が導入のチャンス!

複雑な改訂5版となった今、

もうExcelなんかでの作成はやめて、社内の情報化を進めて、

競争に打ち勝つ体制作りを・・・。

今、多くの方にお読み頂き、賛同をいただいております。

体験版でのお試し、お問い合わせが殺到しております。

あなたもぜひ、体験ください。

 

また、このページをスマホでご覧の方には、

大きな画面のパソコンからの閲覧をおススメします。

全建統一様式は大きい書類が多いので

全体が把握できる画面が良いです。

スマホは、調べモノにはいいですが、

このような大きな書類の調べモノには向きません。


ここからの情報は、少し時間を掛けて読んでも損はしません。

いまだにExcelシートなどを探し廻っている会社は

情報化ができていない会社です。

大きな損をしていることに気が付いていません。

近い将来淘汰される危険性があります。

国は、全国の小中学校の全生徒に

タブレットの配布を進めています。

情報化の必要性に迫られたからです。

これから、小中学校ではデータの一元化(活用化)等の教育が進むと考えます。

情報化とは?

ショップからパソコンを購入して

ほとんど使えないExcel等で何かをしようとする事ではありません。

それは、パソコンに仕事をさせられているのです。

パソコンに仕事をさせる事、が情報化です。

会社の業務内容を考えて見ると、よく分かります。

社員の勤務状態は、

🔷「就業管理ソフト」

給与管理は、

🔷「給与ソフト」

(手渡しではなく、ネットを利用した振り込み等を利用)

得意先への請求管理は、

🔷「販売管理ソフト」

仕入先への仕入管理は、

🔷「仕入管理ソフト」

そのデータを最終的には、

🔷「会計ソフト」へとデータを連携します。

これがデータの「一元化」です。

事務作業の軽減化となり、従業員の削減に繋がります。

そのためには、業務内容に適合した「ソフト」を導入することです。

そしてデータを「一元化」して初めてパソコンに仕事をさせた、という事になります。

これが「情報化」の第一歩です。(開発者田中より)

 

検索用のキーワードも良く分からない程度の知識で、

タダで作るために探し廻っている人を見かけます。(アクセス分析で見えます。)

こんな程度で、全建統一様式を作成するのは容易ではありません。

私は、10分間に1200文字程度の速度で入力ができます。

これは会話を入力できる程度になります。

このような技術を有していても、全建統一様式を

エクセルで作成するのは至難の業です。

それなりのスキルが必要です。専任者が必要です。

事務員の給与が高くなります。

エクセルは文書を作成するソフトでは無い、からです。

表の中の数値の計算用だからです。すぐに書式が崩れます。

ネット上には、エクセルシートをダウンロードさせるサイトが多数存在します。

ダウンロードするにはメールアドレスを要求されます。

なぜ?、考えたことありますか、

そのようなサイトは、目的があるんです。

むやみやたらと入力送信してはいけません。危険!です。

だから「ソフト導入」が、

かしこいカシコイ、と言う訳です。

会社にとって、ソフトの導入費用が高いはずがありません。

情報化すればどうなるのか?、を考えていないのです。

情報化ができない会社は、今後淘汰されていきます。

どのような規模の会社でも、

今すぐ「情報化」に取り組んで業務効率化推進すべきです。

 

全建統一様式作成ソフトは、

自動作成、自動印刷する体験版ご用意していますが、

ほとんど見向きもしないでエクセルシートを

探し回っている人がいます。

いつまで経ってもそのような事を繰り返すだけで、

何ら進歩しません。

そんな会社がいつまでも存続する訳がないです。

買う、買わないは別にして動かしてみると

自分達は何をしているのか?、に気付きます。

ぜひ体験してください。